海外ではすでに伝説?日本のオフィスにFAXがまだある理由

FAXなんて古い

日本ではよくつかわれるFAXは世界的に遺産級の古さ

高齢化とFAXの利用頻度に、実は関係性があるようです。 人は「変化」を嫌うといわれているように、FAXを駆使し続けてきた高齢者にとってはそれを使わなくなるという変化に抵抗があるようです。 確かにある日突然連絡手段を変えろと言われるとためらうのは事実ですね。

高齢化とFAX

日本で「いまだに」使われている通信ツールの一つ、FAX。
そうです。
FAXは世界的に見て、古い、遺産級の古さとなっています。
しかし、日本では特に企業はまだFAXを活用しまくっているではないですか!
このサイトではその背景には何があるのか、また、なぜ海外では好まれないのかといったところを簡単にまとめてみました。

FAXが便利なツールとして紹介され、それを仕事で使い続けてきた世代が今は高齢になってきています。
そして「変化」を嫌う人の心理と、高齢化社会が合わさり、FAXを使わないという考えさえあまりうまれない社会にもなっています。
また、日本の文化や風習もその理由の一つです。
印鑑を押す文化。
文字で伝える内容と共に、その送り主の温かみを伝える、そして感じ取る事の出来る日本人にとっても、FAXは好まれる傾向にあるようです。

その一方でFAXが海外で嫌われている、もしくはその存在を知らない人たちがいる事実もあります。
これは、現代社会でとても重要ともいえる、環境保護を考えた時、FAXを使う事で消費する紙やインクの多さ、そしてメールとは違い、送信後にちゃんと送られているか、そしてどの内容のものがどこへ送られたのか、確認が遅くなったりできないという、スピードが非常に大切な企業にとっては致命的な部分もあります。

日本の若者では、最近、自宅にFAXがないため、社会人になって初めてそれを知るという人も少なくありません。
世界的にIT発展国の日本ですが、FAXがまだまだ根強く残っているのも、日本の文化の一部になってきているのかもしれませんね。

日本文化とFAX

世界的にFAXは古いコミュニケーションツールとなっていますが、先進国日本で、いまだにFAXが好まれる理由の一つに印鑑があるようです。 また、手紙でぬくもりを伝えるという、目に見えないものを感じ取る文化も日本的です。 これらが日本でまだまだFAXを好む人が多い理由の一つともいえるでしょう。

FAXを使う事で生じるデメリットとは

海外でFAXがあまり使われていないのには何かしらの理由があるはずです。 沢山ある中でも環境に優しくないことと、送信後に履歴を確認するまでに時間がかかることなどもその理由の一つにあげられるようです。 この2つの理由について、詳細をここではみていきましょう。

TOPへ戻る